TOMEI LAB.

アユ plecoglossus altivelis

  • HOME »
  • アユ plecoglossus altivelis


アユ Plecoglossus altivelis

 

キュウリウオ目キュウリウオ科の淡水魚。北海道から南九州にかけての広い範囲の河川の上・中流域および清澄な湖に生息する。秋に川でふ化した稚魚は川の流れにしたがって海へと出ていく。冬を海で過ごし、春には川を遡り始める。海にいる間は小さな動物性プランクトンを食べているが、川に入ると食性が一変し、珪藻類や藍藻類を主食とする植物食になる。9月の下旬から10月ごろに産卵し、その一生を終える。このように1年間で生涯を全うすることから「年魚」と呼ばれることも有る。

川へもどった若アユは縄張り意識が強く、自分の縄張りに後から入ってくる別のアユをオスメスの区別なく攻撃し撃退する。この性質を利用した漁に「友釣り」がある。おとりとなるアユに釣り針をつけて縄張りに入れ、それを攻撃しに来たアユを引っかけて釣る。

 

琵琶湖のアユ

滋賀県の琵琶湖に生息するアユは、川で生まれたあと琵琶湖へと流れていき、そこで成長する。そして成長した後川を登って産卵する。つまり、一生のうち海へ出ることがない。また琵琶湖のアユの中にも、春に川へ上り大きく成長するものと、秋まで琵琶湖にとどまる小さなアユがいる。

琵琶湖近辺では冬の間に採れるアユの稚魚を「氷魚(ひうお)」と呼ぶ。この時期の稚魚はまだウロコもなく、体も透き通っている。かき揚げや佃煮など冬の味覚として楽しまれる。

 

(リンク:透明骨格標本とは?透明骨格標本の作り方

 

 

アブラビレ

アユには背ビレの他に、支えとなる骨が入っていないアブラビレがついている。アブラビレは水流を感じたり、泳ぐのを補助する役割があると考えられている。アユの他にもサケ目、ワニトカゲギス目、ヒメ目、ハダカイワシ目の魚にアブラビレがよく発達する。
透明骨格標本化して観察すると、アブラビレ自体には骨がなく、その付け根に軟骨が入っていることがわかる。

 

 

 

透明骨格標本販売サイト

標本らぼツイッター

PAGETOP
Copyright © 京大学習標本研究会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.